コラム

社員向け動画配信で実際の声を届けるなら?ライブ配信を導入!

社員向け動画配信で、研修内容などを記録しておけば、いつでも従業員が気軽に動画を視聴することができます。しかし通常の動画配信だけでは、トップや現場リーダーの切迫した思い・部下への期待などは届きにくいといった課題もあるでしょう。そんな時には、「ライブ配信」の機能があると便利です。今回は、社員向け動画配信の課題とライブ配信のメリットについて紹介していきます。

社員向け動画配信でリアルな状況を伝えることが難しい理由

社員向け動画配信を従業員に視聴してもらう手段は、いつでも気軽に動画視聴できるため便利です。しかし実際に進行中の状況や、緊張感などの感情を込めたメッセージを伝えることが難しいのが課題となります。どのような内容が課題として挙げられるか解説していきましょう。

動画配信だけでは臨場感がない

社員向け動画配信は、いつでも従業員のタイミングで動画視聴できるのがメリットでもあります。しかし録画済みの動画配信だけでは、人と人が対面する臨場感などを伝えることは難しいのが課題の一つです。どうしても、映像という意識があることから、現場でしか体験することができない臨場感を得ることは難しいでしょう。

緊急情報を伝える手段がない

企業において、突然のトラブルや緊急の対応が必要になってくる状況に陥ることがあるでしょう。その際に、緊急情報として伝えるために、動画配信では悠長な対応であると感じられることもあります。どのような状況に陥っているのか伝えるためにも動画配信だけでは不十分である場合もあるでしょう。

マニュアルだけでは伝わらない

社員向け動画配信の内容として、マニュアルなどを動画視聴で伝えるといった手段は、気軽に従業員が確認できる手段として有効です。しかし業務内容次第では、その業務が重要な背景など、マニュアルだけでは十分に伝えることができないこともあるでしょう。

録画した動画配信ではなくライブ配信すれば生の声が届く

あらかじめ録画した動画配信だけでは、十分に内容が伝わらないと感じた場合、「ライブ配信」の機能を利用すれば、従業員に対してよりリアルに経営層や現場リーダーの生の声を届けることができます。

現場の緊急性が伝わりやすい

社員向け動画配信を「ライブ配信」することで、現場の臨場感をそのままに伝えることができるので、緊急性の高さを示すことができます。ライブ配信が必要なほど、すぐに伝えないといけない情報であると従業員に知ってもらうことが可能です。

社員モチベーションに繋がる

ライブ配信で社員向け動画配信を実施すれば、幹部講話などで生の声を聞いてもらうことができるため、社員モチベーションに繋がっていきます。意欲を向上させるきっかけにすることができるため、職場の活気を良くすることが可能です。

現状に必要な情報がすぐに伝わる

ライブ配信を行うことで、現状に必要な情報をすぐに伝えることができます。新鮮な情報を伝えることで、素早い対応を実現することができるでしょう。緊急性の高い情報は、少しでも時間が経ってしまうと、後手に回ってしまうことがあります。ライブ配信であれば、すぐに情報を回すことができるので、より企業にとって有益な行動を取るきっかけにすることができるでしょう。

社員向けライブ配信は本社から各営業者などに情報が伝わりやすい

社員向け動画配信をライブ配信で伝える方法は、本社から各支店・営業所に繋げることができるので、いざという時に情報がスピーディに伝わりやすいのが特徴です。

誤った情報を流す心配がない

本社からの情報を人から伝えてもらうといった手段は、どこかで誤った情報として受け取ってしまうと、正しい意味で相手に伝わらないことがあります。しかしライブ配信であれば、誤った情報を流す心配はなく、正しい情報を各営業者に伝えることが可能です。従業員それぞれが、間違った認識で情報を取得するリスクを低減することができます。

直接従業員に情報が伝わる

ライブ配信は、実際に生の声を聞くことができるため、重要な情報を直接従業員に伝えることができます。情報の意図や目的を正しく認識することができるので、意味のある情報として従業員が受け取ることができるでしょう。またライブ配信は、緊張感や臨場感が伝わりやすいので、重要な情報ほど従業員の意識を高めることができます。

研修の効率が上がる

ライブ配信で、講話や研修を受ければ、生の声で話を聞くことができるので、研修効率を向上させることができます。各支店・営業所など一度に講話や研修を行うことができるため、それぞれが後から動画視聴する手間を省くことも可能です。

「viaPlatz」なら社員向け動画配信をライブ配信できる

社員向け動画配信を「ライブ配信」するのであれば、「viaPlatz」がおすすめです。「viaPlatz」ならオプションのライブ配信機能で、生の声を届けることができます。

自動記録して後からVOD視聴可能

「viaPlatz」のライブ配信の機能は、幹部講話や研修などで活用できるだけでなく、ライブ放送を自動記録して後からVOD視聴することもできます。ライブ放送を聞くことができなかった従業員やライブ放送を見直すといったハイブリッド活用もできます。

カメラとエンコーダがあれば導入できる

「viaPlatz」でライブ配信を実施したい場合、ライブ放送はカメラとエンコーダがあれば、すぐに導入することができます。また操作も容易であることから、気軽に導入することが可能です。機材がない場合は別途購入する必要がありますが、現在はそれほど費用もかからないため、導入ハードルは低いと言えます。

【まとめ】

社員向け動画配信だけでは、緊急性の高い情報がすぐに伝わらないといった課題が挙げられます。そんな時に有効な手段として、「ライブ配信」の機能がおすすめです。ライブ配信であれば、緊急性の高い情報をすぐに各支店・営業所に伝え、正しく従業員に情報を与えることができます。また現場の臨場感もしっかり伝えることができるので、より効率的に情報を伝えることができるでしょう。
「viaPlatz」であれば、ライブ機能が搭載されており、実施するのも容易です。カメラとエンコーダがあれば、すぐに導入することができます。ライブ放送を自動記録し、VOD視聴することもできるので、一度導入を検討してみてはいかがでしょうか。